お知らせ

2020/05/18
5月21日(木)からの大阪日本民芸館の再開について

第16回大阪府新型コロナウィルス対策本部会議において、緊急事態措置における「施設の使用制限」を一部解除することが決定されましたので、国の業種別ガイドライン等に基づき、適切な感染防止対策を講じた上で、5月21日(木)より開館することとなりました。
ご来館にあたっては、以下の点にご留意いただきますよう、ご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

(留意点)

■37.5度以上の発熱や咳、喉の痛みなどの症状がある方、過去2週間以内に感染が引続き拡大している国・地域への訪問歴がある方は、ご来館をお控えください。(入館時に体温を測定させていただきます。)
■代表者の方の氏名・住所(市町村)・連絡先電話番号を受付にて記載いただきます。万が一に備え、保健所等の聞き取り調査等にご協力いただく場合があります。
■受付、トイレに手指消毒用アルコールもしくは石けん液を設置していますのでご利用ください。
■マスクの着用及び咳エチケットのご協力をお願いいたします。
■お客様同士の距離(できるだけ2m)を確保してください。
■展示品等には、お手を触れないでください。
■お客様同士の大声での会話はお控えください。
■利用者が多数となった場合は、入場制限等を実施させていただく場合があります。

2020/05/07
春季特別展記念講演会・呈茶の延期のお知らせ(5月7日時点)

4月19日(日)、5月24日(日)に開催を予定しておりました記念講演会および呈茶につきまして、
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から下記の通り日程を変更いたします。
楽しみにされていた皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

◇春季特別展記念講演会◇
「民藝運動と柳宗悦の蒐集―パビリオン「日本民藝館」の出展作品を中心に―」
 日時:4月19日(日)14:00~15:30(13:30開場)⇒7月5日(日)14:00~15:30(13:30開場)に延期致します。
 講師:杉山享司氏(日本民藝館学芸部長)
◇呈茶◇
 日時:4月19日(日) 11:00~16:30 ⇒7月5日(日)11:00~16:30に延期致します。
 担当:川西万里氏 (TE tea and eating)

◇春季特別展記念講演会◇
「食事(ケハレ)と民藝」
 日時:5月24日(日)14:00~15:30(13:30開場)⇒未定
 講師:土井善晴氏(料理研究家)
◇呈茶◇
 日時:5月24日(日) 11:00~16:30⇒未定
 担当:大阪日本民芸館友の会有志

2020/04/30
5月10日(日)「親子でできるバラ染めワークショップ」中止のお知らせ

新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、5月10日(日)に予定しておりました「親子でできるバラ染めワークショップ」を中止いたします。
楽しみにされていた皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

2020/04/24
5月9日(土)・10日(日)「みんげい市」中止のお知らせ

 新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、5月9日(土)・10日(日)に予定しておりました
みんげい市を中止いたします。
 楽しみにされていた皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

2020/02/28
臨時休館について

3月1日(日)より開館を予定しておりましたが、新型コロナウィルスによる感染症の拡大を防止する観点から、当面の間、臨時休館いたします。開館日につきましては、改めてお知らせします。

開館を楽しみにされていた皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

2020/02/11
春季特別展「大阪万博50周年記念 民藝の力 -パビリオン「日本民藝館」とEXPO’70-」が始まります。

2020年春季特別展「大阪万博50周年記念 民藝の力 -パビリオン「日本民藝館」とEXPO’70-」が始まります。
2020年3月1日(土)から7月14日(火)まで開催しております。

詳しくはこちらをご覧ください。

2019/12/17
秋季特別展が終了しました。

秋季特別展「多々納弘光の仕事 -出西窯を育み、民藝に生きた陶工-」が終了いたしました。当館は2020年2月29日(土)(予定)まで冬季休館いたします。

2020年3月1日(日)から7月14日(火)まで「万博50周年記念 春季特別展 民藝の力 ―パビリオン「日本民藝館」とEXPO’70―」を開催予定です。

 大阪日本民芸館は1970年の大阪万博に東京駒場の日本民藝館が出展した、パビリオン「日本民藝館」を継承して開館しました。
パビリオン「日本民藝館」では、日本民藝館が収蔵する200点もの優品と共に、当時の産地の作品や、濱田庄司、河井寬次郎、芹沢銈介と言った民藝運動を代表する作家の作品が並び、まさに民藝運動が見出し育んできた「暮らしの美」を存分に展観する内容でした。来年2020年は大阪万博にパビリオン「日本民藝館」が出展されてから、50年の節目の年です。
 これを記念して、令和2年度春季特別展では、東京の日本民藝館に御協力いただき、全館通して万博当時の再現展示を試みます。
質量ともに類まれな規模のコレクションがご覧いただける機会となります。力強いまでの当時の熱気と、時代を貫く民藝の美の世界をご高覧ください。

2019/10/31
11月23日(土・祝)日帰り研修旅行「「出雲民藝館」と「出西窯」見学」参加募集のお知らせ

現在開催中の展覧会「多々納弘光の仕事―出西窯を育み、民藝に生きた陶工―」にちなんで、
出西窯と出雲民藝館の見学を行います。
出西窯は島根県出雲市にある窯元で、日々に役立つ健やかで美しい器を作り続けています。
2018年にオープンした「ルコションドール出西」でランチをした後、「くらしの陶・無自性館」
で仕事場や登り窯を見学したりお買い物を楽しんでいただきます。
出雲民藝館では現在、当館収蔵の武内晴二郎作品を一堂に展観する「武内晴二郎」展を開催中です。
ダイナミックな大鉢を中心とした陶芸作品を間近でご覧いただけます。
皆様のご参加をお待ちしております。

◇当日のスケジュール
   11:30      出雲市駅集合
   12:00~13:00 「ルコションドール出西」にて昼食
   13:00~14:00 「出西窯」(登り窯・仕事場見学があります)
   14:30~15:30 「出雲民芸館」を見学

◇定員:10名

◇料金:出雲民藝館入館料 大人700円、 高・大生400円、小・中生300円
    別途 交通費(現地はタクシーで移動します) 昼食・喫茶代

◇申し込み締め切り日:11月15日(金)

◇お申込み方法:大阪日本民芸館(06-6877-1971)までお電話にてお申込みください。
  ※ お申込みの方には日帰り研修旅行の一週間前に別途詳細をお送りいたします。

2019/10/13
大阪万博当時のパビリオン「万博・日本民藝館」(現・大阪日本民芸館)とゆかりのある方を探しています

大阪日本民芸館(以下当館)は、1970年の日本万国博覧会(以下大阪万博)に出展されたパビリオンである「万博・日本民藝館」の建物と展示品の一部を継承して1972年に開館しました。
来年2020年は、大阪万博で「万博・日本民藝館」が開館してからちょうど50年になります。そこで、当館の前身である「万博・日本民藝館」開館50周年を記念して、開館記念特別展を2020年3月初旬から開催する予定です。
つきましては、1970年の「万博・日本民藝館」と実際に関わりのあった方へインタビューを行い、大阪万博当時の「万博・日本民藝館」の情報を教えていただきたいと考えています。第三者の言葉や残されている文献資料のみならず、実際に何らかの立場から関わった当事者の思い出や言葉は、「万博・日本民藝館」を再検証し、全体像をより立体的に捉え直す上で大変重要な要素です。現在の大阪日本民芸館であるパビリオン「万博・日本民藝館」にゆかりのある方がいらっしゃいましたら、ぜひ当時の思い出をお聞かせください。

〈例えば〉
・「万博・日本民藝館」の展示設営などに関わった方
・「万博・日本民藝館」が開催中に館内ガイドや職員として参加されていた方
・「万博・日本民藝館」にお客様としてご来館くださった方 などなど…

他にも、「万博・日本民藝館」との思い出がある方、あるいはそういったお知り合いをご存知の方がいらっしゃったら、当館受付カウンターか大阪日本民芸館 学芸員小野(06-6877-1971)までご連絡ください。
お申し出いただいた方には、当時の思い出をインタビューやアンケートなどでお訊ねさせていただき、そばちょこポストカードをプレゼント!
皆様のご協力をよろしくお願い致します!

大阪万博当時の「万博・日本民藝館」

2019/09/07
秋季特別展「多々納弘光の仕事―出西窯を育み、民藝に生きた陶工―」が始まりました。

2019年秋季特別展「多々納弘光の仕事―出西窯を育み、民藝に生きた陶工―」が始まりました。
2019年9月7日(土)から12月17日(火)まで開催しております。

詳しくはこちらをご覧ください。

PAGE TOP