展示案内

特別展:2012年

秋季特別展 『芹沢銈介と日本の染織』

『芹沢銈介と日本の染織』
2012年9月8日(土)~12月16日(日)

助成・独立行政法人 日本万国博覧会記念機構

静岡市の呉服商に生まれた芹沢銈介(1895-1984)は、柳宗悦(1889-1961)の提唱した民藝思想に共鳴し、沖縄の紅型に影響を受けながら、独自の染色作品を生み出しました。1956年には、「型絵染」の技法で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。本展では、芹沢による屏風・着物・反物・のれんなど、染色作品を中心に展示します。あわせて、民藝運動を牽引し、その精神を継承した染織家の作品を紹介するとともに、絣・絞り染・型染・刺し子・筒描・裂織など、日本の染織品もご紹介いたします。

イベント情報はこちらから

芹沢銈介 丸紋伊呂波屏風
芹沢銈介 染分いろは文字文着物


芹沢銈介 文字入り四季文(部分)芹沢銈介 島々文着尺(部分)
柳悦孝(1911-2003) 藍地木綿椿文絵絣飾布(部分)柳悦博(1917-95) 紬板締絣掛布(部分)
柚木沙弥郎(1922-) 紬ひだ文型染帯(部分)四本貴資(1926-2007) 木綿シルクスクリーン染布(部分)
平良敏子(1921-) 藍染綿入り芭蕉布着物

古澤万千子(1933-) 紬ざくろ文型染着物

併設展示

■ 第2展示室 濱田庄司・河井寬次郎と民藝運動の作家たち
■ 第3展示室 古伊万里そば猪口
■ 第4展示室 アジア・アフリカの染織品など

濱田庄司 白釉青流描大鉢インド 儀式用布(部分)

春季特別展 『陶芸家 武内晴二郎 -眼で作った仕事-』

『陶芸家 武内晴二郎 -眼で作った仕事-』
2012年3月10日(土)~7月22日(日)

助成・独立行政法人 日本万国博覧会記念機構



武内晴二郎(1921-79)は、大原美術館の初代館長であった武内潔真(1888-1981)の次男として岡山市に 生まれ、多くの美術品や工芸品に親しんで育ちました。中央大学経済学部に進学しますが、学徒動員で入隊、中国漢口(現湖北省武漢市)にて戦傷を受け左腕を失います。復員後、倉敷市で作陶を開始。その仕事には、民藝運動を牽引した柳宗悦(1889-1961)、河井寬次郎(1890-1966)、濱田庄司(1894-1978)らの大きな影響がありました。57歳で没するまで、型物を中心にスリップ(化粧土)や型押・象嵌・練上などの技法を用いて、重厚かつモダンな作品を生み出しています。

濱田は、「武内晴二郎君の陶器は手で作ったというより眼で作ったといいたい気がします」と評しました。武内自身、李朝の白磁や古丹波、古常滑、英国のスリップウェア、古い中国、ペルシャ、アメリカインディアン、西欧の中世陶器などに心引かれたと語っています。優れた鑑賞眼がその作品に生かされているといえるでしょう。

本展では、柳から送られた書簡などの資料もあわせて約130点を展示します。武内の作品展としては最大規模となる貴重な機会です。

イベント情報はこちらから

黄釉流描鉢藍練上手大鉢多彩押紋手大鉢
白釉押紋手鉢灰釉流描角平鉢飴釉押紋手六角大壺

併設展示

■ 第2展示室 英国の古陶・スリップウェアと濱田庄司・河井寬次郎作品など
■ 第3展示室 古伊万里そば猪口
■ 第4展示室 かごなどの編組品、染織品など

スリップウェア角皿 英国 18世紀濱田庄司 青飴釉掛分白流描大鉢河井寬次郎 鉛釉象嵌鉢

PAGE TOP