お知らせ:2018年

2018/09/20
「シンポジウム「バスケタリーと人類」」開催のお知らせ

【シンポジウムタイトル】バスケタリーと人類

【開催趣旨】
バスケタリーとは、線状の素材を編んだり組んだりしてものをつくる技術や、その技術によってつくられたものを指します。人類は、食糧獲得や運搬などを目的として、身近にある生態資源をどのように採取、加工してきたのでしょうか。そして、人類がバスケタリーを生み出すことによって、生活や行動はどのように変化したのでしょうか。
大阪日本民芸館における『民藝のバスケタリー――籠・笊・蓑――』展に合わせて、パレオ文化史学では、シンポジウムを開催します。展示場で出会うバスケタリーの美しさは、人類史における人間の叡智がうみだしたものです。先史時代から現代にいたる、世界各地の多様なバスケタリーに造詣の深い三人の話者に、バスケタリーからみえる人類の文化について、存分に語っていただきます。

主催:大阪日本民芸館・新学術領域研究(パレオアジア文化史学)「人類集団の拡散と定着にともなう文化・行動変化の文化人類学的モデル構築(課題番号16H06411、代表:野林厚志)
開催日:2018年11月3日(土・祝)
時間:13時30分〜16時20分
開催場所:国立民族学博物館・第4セミナー室(大阪日本民芸館向かい)
定員:60名(要予約・先着順)
お申し込み先・お問い合わせ先:大阪日本民芸館 TEL:06-6877-1971
聴講料:無料(ただし、大阪日本民芸館入館券が別途必要)

【発表者(発表順)】
関島寿子(かご制作者、多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイル客員教授)
本間一恵(バスケタリーニュース編集人)
上羽陽子(国立民族学博物館准教授)

【コメンテーター】
中谷文美(岡山大学教授)

【司会者】
金谷美和(国立民族学博物館外来研究員)

【プログラム】
13時30分 開会挨拶:野林厚志(国立民族学博物館教授)
13時35分 趣旨説明:金谷美和(国立民族学博物館外来研究員)
13時50分 発表1 関島寿子「組織構造と使われる植物の種類と加工の関連」
14時15分 発表2 本間一恵「縄文時代のかごとその技術」
14時40分 発表3 上羽陽子「線状物を生みだす人類の知恵」
休憩 15分
14時55分 コメント 中谷文美(岡山大学教授)
15時10分 総合討論
16時20分 閉会

【発表者プロフィール】
関島寿子(かご制作者、多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイル客員教授)
長年バスケタリーの実例を観察し、その造形的可能性を再発見し、植物素材を用いて、現代的な視点で立体を制作してきた。作品を個展や繊維造形の展覧会で発表するとともに、制作の実際をふまえた造形論や構造論を展開している。著書『バスケタリーの定式』(住まいの図書館出版局)、『Basketry』(英文)(Kodansha International)。

本間一恵(バスケタリーニュース編集人)
編み組みの構造に興味を持ち、バスケタリー作品の制作をしながら、かごのコレクションや関連記事の執筆をしてきた。低湿地遺跡からの編組品発掘が増加した近年は、先史時代のかごの復元にも携わる。著書『クラフトテープでつくる』 (日本ヴォーグ社)、共著『さらにわかった! 縄文人の植物利用』(新泉社) 。

上羽陽子(国立民族学博物館准教授)
専門は民族芸術学、染織研究。特にインドを対象として、つくり手の視点に立って染織技術や布の役割などについて研究。近年は、インド北東部アッサム地域のタケや野蚕の資源利用の現場で調査を進めている。近著に『インド染織の現場 つくり手たちに学ぶ』(臨川書店)。


チラシのダウンロードはこちらから
 


01 02 03 04 05 06


【写真キャプション】
01_作品「組・織の間VI」 クルミ樹皮 2017年(提供:関島寿子)
02_個展 2018年 京都ギャラリー日日(提供:関島寿子)
03_佐賀県東名遺跡出土のかごの復元実験(撮影:あみもの研究会)
04_福岡県正福寺遺跡出土の復元品(復元・撮影:本間一恵)
05_インド北東部アッサムでのカゴづくり(撮影:2017年上羽陽子)
06_マダガスカル、ザフィマニリの編み素材の加工(撮影:2013年上羽陽子)

2018/09/18
9月20日(木)より通常通り開館いたします。

9月20日(木)より、特別展「民藝のバスケタリー―籠・笊・蓑―」を含めた全館の展示を、通常通り再開いたします。
大変長らくお待たせし、誠に申し訳ございませんでした。

2018/09/15
ギャラリートーク(9月16日)中止のお知らせ

9月16日(日)14:00~14:30に予定しておりましたギャラリートークは、台風被害で第一展示室が閉鎖しているため中止いたします。
ギャラリートークへの参加を予定いただいていたお客様につきましては、ご連絡が遅くなり多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。
何卒ご理解とご了承の程宜しくお願い申し上げます。

2018/09/14
今後の開館スケジュールについて

今後の開館スケジュールは下記のとおりといたします。
 
9月15日(土)
   ~17日(月)  第2~第4展示室(無料公開)及びミュージアムショップのみ開館
 9月18日(火)   第1展示室工事のため臨時休館
 9月19日(水)   休館日
 9月20日(木)~  通常どおり開館
          秋季特別展「民藝のバスケタリー -籠・笊・蓑-」開始

台風被害のため開館が遅れ、大変申し訳ございませんでした。
ご理解いただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

2018/09/06
台風21号の影響により開館を延期します

台風21号により、展示室、ミュージアムショップのガラスが破損しております。
9月8日(土)より開館を予定しておりましたが、来館者の皆様の安全のため、9月8日(土)
以降当面開館を延期させていただきます。

復旧のめどがたちましたら、当館ホームページとFacebookにて改めてご案内申し上げます。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご理解いただけますよう宜しくお願い
申し上げます。

The Japan Folk Craft museum, Osaka is closed for the time being under
the influence of Typhoon Jebi.
We sincerely apologize for the inconvenience.

2018/07/16
春季特別展が終了しました。

春季特別展「絞り染―布に咲く花―」が終了いたしました。当館は2018年9月7日(金)(予定)まで夏期休館いたします。

2018/06/25
6月30日(土)より開館いたします。

大阪日本民芸館は、6月30日(土)より開館し、展示を再開いたします。

臨時休館中は、ご迷惑とご心配をおかけして申し訳ございませんでした。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

2018/06/21
大阪府北部を震源とした地震のため、6月21日(木)以降、当面臨時休館といたします。

大阪府北部を震源とする6月18日(月)の地震により、当館ショップ・受付エリアの壁面ガラスの一部と展示室出入り口扉に被害が確認されました。
したがいまして、来館者の皆様の安全を第一に考え、6月21日(木)以降は当面臨時休館をさせていただきます。
復旧のめどがたちましたら、当館ホームページとFacebookにて、改めてご案内申し上げます。

また、展示室は、キャプションの乱れやパネルのズレなどがあったのみで、棚の倒壊や破損などはありませんでした。しかし、収蔵品につきましては、中庭に展示中の作品を含め、一部に被害が生じております。

ご心配とご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご理解いただけますよう宜しくお願い申し上げます。


 

2018/06/18
6月18日(月)、19日(火)の臨時休館のお知らせ

6月18日(月)及び19日(火)は、大阪府北部を震源とする地震の影響により、終日臨時休館いたします。
ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

2018/06/04
日帰り研修旅行「6月24日(日)「有松鳴海絞会館」見学と「絞り染教室」」参加募集のお知らせ

 有松鳴海絞街道沿いにある「有松鳴海絞会館」は、絞りの歴史や技術を、実物資料を用いてわかりやすく展示している施設です。また、伝統工芸士による実演も行われており、作業の様子を実際にご覧いただけます。
 今回は、「有松鳴海絞会館」で展示を見学した後、同施設の「絞り染教室」で、テーブルセンターへの絞り染めを体験していただきます。その後、名古屋市指定有形文化財である「竹田邸(竹田嘉兵衛商店)」に併設された「カフェ&バル庄九郎」でお茶をいただきます。「竹田嘉兵衛商店」は、江戸時代から絞り染を営んできた老舗の絞り問屋です。この日は「笹加夏展」が開催されており、夏の浴衣を展示しています。

◇開催日時:
 6月24日(日)
◇当日のスケジュール
13:00       「有松鳴海絞会館」に現地集合
13:00~14:00 「有松鳴海絞会館」を見学
14:00~15:30 「絞り染教室」体験
15:45~16:20 「カフェ&バル庄九郎」にて喫茶
16:20~17:00 「竹田邸」にて「笹加夏展」を観覧。
17:00        解散

◇定員:10名
◇料金:
 絞り染教室(テーブルセンター:41cm×70cm) 2160円 (消費税込)
 有松鳴海絞会館入館料 大人300円、小・中・高生100円
 別途交通費
◇申し込み締め切り日:6月15日(金)
◇お申込み方法:大阪日本民芸館(06-6877-1971)までお電話にてお申込みください。

◇有松鳴海絞会館
〒458-0924
愛知県名古屋市緑区有松3008番地
TEL : 052-621-0111 / FAX : 052-621-6051

PAGE TOP