お知らせ

2018/12/17
秋季特別展が終了しました。

秋季特別展「民藝のバスケタリー -籠・笊・蓑-」が終了いたしました。当館は2018年3月1日(金)(予定)
まで冬期休館いたします。

2018年3月2日(土)から7月15日(月・祝)まで 春季特別展「自然布―草木で織りなす―」を開催予定です。
自然布は植物の繊維を用いて織りなされる布のことです。一般的に知られている木綿や麻類の他、北海道の
オヒョウや沖縄の芭蕉、あるいは藤、葛、榀など、人々は古くから身の回りにある様々な植物から繊維を取
り出し、糸に紡ぎ、布にしてきました。これらの布には、それぞれの植物ならではの自然の風合いが豊かに
あらわれ、原始的で力強い魅力を放っています。本展では、こうした日本各地の植物繊維を用いて織られた
自然布を紹介します。

Closed temporarily for exhibits installation from Dec 17th,2018 to Mar 1st,2019.
Next exhibition: Shizen-fu (Natural fabrics) -Weaving plant fiber cloth-
Mar 2nd(Sat)-Jul 15th(Mon)

Shizen-fu is the name given to cloth woven from plant fibers as opposed to synthetics
such as nylon. These days, we are familiar with cotton and hemp fabrics.
However people have long been taking fibers out of whatever plants they can find in their
neighborhoods. Ohyo (elm tree) in Hokkaido prefecture, banana tree in Okinawa prefecture,
wisteria, arrowroot, Japanese linden etc have been spun into yarn and woven into cloth
for thousands of years.
The result bears each plant’s unique qualities in its distinctive texture and natural charm.
This exhibition presents Shizen-fu textiles from various parts of Japan.

PAGE TOP