展示案内

特別展:2016年

秋季特別展「河井寬次郎」

秋季特別展「河井寬次郎」

会期:平成28年9月3日(土)~12月11日(日)
休館日:水曜日  ※10月、11月は無休

 大正から昭和にかけて活躍した陶芸家・河井寬次郎(1890-1966)は日本の近・現代を代表する作家であると同時に、民藝運動の最初期からの推進者でもありました。
 島根県能義郡安来町(現安来市)に生まれた河井は、東京高等工業学校窯業科を卒業後、京都市立陶磁器試験場に入所しました。大正9(1920)年には、京都五条坂に窯を構え、本格的に作陶を開始します。
 大正末期頃からは、柳宗悦(1889-1961)、濱田庄司(1894-1978)らと共に「民藝」という新語を創造し、民藝運動を草創期から担っていくこととなります。そして、各地の職人達による工芸の美に感銘を受け、糧として感得していった河井は、用と美が共存し、互いに響きあう作品を生み出しました。 
本特別展では、河井寬次郎没後50年の節目として、民藝運動と関わりの深い昭和10年代の河井寬次郎作品を中心に、河井に師事した生田和孝(1927-1982)、上田恒次(1914-1987)の陶芸作品をあわせて約110点展示します。
 各年代により多彩な作品を発表しながらも、一貫して自身の創作を探求し続け、独自の作風を展開した河井寬次郎の世界をご紹介します。

◇記念講演会◇
「河井寬次郎の世界」
 講師:河井敏孝氏(河井寬次郎記念館館長)
 日時:10月23日(日) 13:30~15:00 (13:00開場)
 会場:国立民族学博物館・第5セミナー室(大阪日本民芸館向かい)
 聴講料:300円 ※民芸館入館料が別途必要
 定員:100名(電話にてご予約が必要)

◇呈茶「ことばとお茶と」◇
 担当:川西万里氏(grafティーコーディネーター)
 日時:10月23日(日) 10:30~16:30
 会場:大阪日本民芸館・渡り廊下
 料金:800円(お茶とオリジナルお菓子付)
     ※民芸館入館料が別途必要、予約不要

◇「寬次郎の器で楽しむ茶話会」◇
河井寬次郎の器でお茶とゆかりのお菓子をお楽しみいただけます。
椅子席で作法もありませんので、どうぞお気軽に平服でお越しください。
 講師:鷺珠江氏(河井寬次郎記念館学芸員)
 日時:11月27日(日)
   〔午前の部〕10:00~11:30(9:45開場) 
   〔午後の部〕13:00~14:30(12:45開場)
 場所:大阪日本民芸館
 定員:各回10名(要予約)
 料金:1000円 ※民芸館入館料が別途必要
 申込方法:往復はがきにて、事前にお申込みください。
     〔10月29日(土)消印有効。応募多数の場合は抽選。〕
はがきに、郵便番号、住所、氏名(同伴者含む)、電話番号、希望の時間帯(午前・午後いずれか)、参加人数(2名まで)を明記のうえ、
〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園10-5 大阪日本民芸館茶話会係まで
お送りください。

◇みんげいゼミ◇
 「河井寬次郎―『調和』への思索と創作」
 講師:宮川智美氏(大阪市立東洋陶磁美術館学芸員)
 日時:12月4日(日) 14:00~15:30(13:30開場)
 場所:大阪日本民芸館・会議室
 定員:20名(電話にてご予約が必要)
 聴講料:300円※別途民芸館入館料が必要

◇ギャラリートーク(学芸員による展示解説)◇
各回:14:00~14:30 ※申し込み不要、民芸館入館料が別途必要
9/17(土)、25(日)、10/8(土)、30(日)、11/5(土)、13(日)、12/10(土)

春季特別展「丹波の民藝(みんげい)―陶磁と染織―」

春季特別展「丹波の民藝(みんげい)―陶磁と染織―」
期間:平成28年3月5日(土)~7月18日(月・祝)
休館日:水曜日
協力 兵庫県丹波市、丹波布技術保存会

 本特別展では、兵庫県丹波地域で、生みだされた丹波焼と丹波布を展示します。
 六古窯の一つである丹波焼は、民藝運動の創始者・柳宗悦(1889-1961)が、晩年に力を注いで蒐集した陶磁器です。特に柳は著書『丹波の古陶』(1956年刊)のなかで、窯の中で灰が降りかかって偶然生まれる自然釉の陶磁器に、人智を超えた美を見出し高く評価しました。
 丹波布は、草木で染めた手紡ぎの糸による、手織りの木綿布です。「つまみ糸」と呼ばれる絹の屑糸を、間隔をあけて緯(よこ)糸に織り込むことで、独特の風合いが生まれます。元々、佐治木綿と呼ばれ布団地等として地元で親しく用いられてきた縞柄の布を、柳は丹波布と呼び賞賛しました。
 今回は、当館所蔵の丹波焼、丹波布と共に、丹波立杭で作陶を行った生田和孝(1927-1982)の陶芸作品を、併せて約90点展示します。さらに、兵庫陶芸美術館所蔵の丹波焼や、丹波布の復興に尽力した足立康子(1925-2014)の丹波布の作品もご覧いただけます。

記念講演会
「民芸運動と関西」
講師:藤田治彦氏(大阪大学大学院文学研究科教授)
日時:6月26日(日) 13:30~15:00(13:00開場)
会場:国立民族学博物館・第5セミナー室(大阪日本民芸館向かい)
定員:100名(※要予約)
聴講料:300円(民芸館入館料が別途必要)

呈茶
緑豊かな空間で、丹波の器と布を愛でながら、ほっと一服お楽しみください。
担当:大阪日本民芸館友の会有志
日時:6月26日(日) 11:00~16:30
会場:大阪日本民芸館・渡り廊下
料金:600円(お抹茶とお菓子付) ※民芸館入館料が別途必要、予約不要

みんげい市
関西圏で活躍されている作り手の方々にお越しいただき、陶磁器・木工品・染織品などの展示即売を行います。
日時:5月14日(土)、5月15日(日) 10:00~17:00
会場:大阪日本民芸館正面入り口前・中庭

みんげいゼミ
「丹波の壺」
講師:弓場紀知氏(兵庫陶芸美術館副館長)
日時:4月24日(日) 14:00~15:30(13:30開場)
会場:大阪日本民芸館・会議室
定員:20名(※要予約)
聴講料:300円(民芸館入館料が別途必要)

「丹波布の魅力」
講師:小野絢子(大阪日本民芸館学芸員)
日時:7月10日(日) 14:00~15:30(13:30開場)
会場:大阪日本民芸館・会議室
定員:20名(※要予約)
聴講料:300円(民芸館入館料が別途必要)

丹波布ワークショップ―糸紡ぎ、機織(はたおり)、栞(しおり)作り」◇
月日:6月5日(日)
時間:10:30~12:00、14:00~15:30
講師:丹波布技術保存会 技術者協会の方々
場所:大阪日本民芸館2階・和室
定員:各回12名※要予約
参加費:800円※別途民芸館の入館料が別途必要

※講演会、呈茶、みんげいゼミ、ワークショップのお申し込みは、大阪日本民芸館 TEL.06-6877-1971 まで

ギャラリートーク(学芸員による展示解説)◇
各回14:00~14:30 ※申込不要、民芸館入館料が別途必要
3/19(土)、27(日)、4/9(土)、17(日)、5/5(木・祝)、22(日)、6/11(土)、19(日)、7/3(日)、16(土)

PAGE TOP