展示案内

イベント

大阪日本民芸館開館45周年記念 秋季特別展「濱田庄司」関連イベント

記念講演会
「大阪日本民芸館と初代館長濱田庄司―民芸のさらなる普及を目指して―」

講師:濱田琢司氏(南山大学人文学部教授)
プロフィール:南山大学人文学部日本文化学科教授。
1972年,栃木県生まれ。関西学院大学大学院文学研究科修了。神戸大学助手,日本学術振興会特別研究員などを経て,2009年より現職。
民芸運動や濱田庄司について,専門の文化地理学・地域文化論の視点を援用しつつ,研究を行っている。主な著書に,『民芸運動と地域文化』(単著,思文閣出版),『民芸運動と建築』(共著,淡交社)など。
日時:10月25日(日)13:30~15:00(13:00開場)
会場:国立民族学博物館・第5セミナー室(大阪日本民芸館向かい)
聴講料:300円(民芸館入館料が別途必要、呈茶と共にご予約の方は聴講料200円)
定員:100名(※要予約)

呈茶~はじめの英国~

この度は大阪日本民芸館開館45周年記念、秋季特別展「濱田庄司」展の関連イベントとして、呈茶「はじめの英国」をオープン致します。
濱田庄司が陶芸家として本格的に活動を始めた英国や、益子から何度も通いつめ作陶生活に影響を及ぼした沖縄とゆかりのある土地にちなみお茶とお菓子をご用意いたしました。一服をお楽しみくださいませ。
日時:2015年10月25日(日)10:30~16:30
会場:大阪日本民芸館
料金:800円*民芸館入館料が別途必要
茶と菓子付(売切れ次第終了致します 予約不要)
※お問い合わせはgraf studio(TEL.06-6459-2100)まで


呈茶 
茶+菓子 セット 800円

メニュー
茶 3種の中からおひとつお選びください

イングリッシュブレンド 英国
アッサムとセイロンのオレンジペコーをブレンド。
飽きのこない日々の定番紅茶。

さんぴん茶 沖縄
沖縄の中でも一番知名度が高いジャスミンティ。
緑茶にジャスミンの花をあしらい香づけされています。

月桃茶 沖縄
甘くスパイシーな香りの月桃茶は沖縄でよく飲まれる野草茶。
沖縄県石垣島の月桃とイヌビワのブレンドティー

菓子 2種の中からお選びください
※乾果もあります。

流描饅頭
濱田庄司さんの仕事は、「京都で道をみつけ、英国ではじまり、沖縄で学び、益子で育った」と語られています。益子での作品の「流掛」「流描」の手法をイメージし、栗入りの上用饅頭の上には器にみたてた羊羹のオリジナル饅頭です。
菓子製造:高山堂

コーニッシュパスティ
濱田庄司さんがイギリスのセントアイヴス滞在中に親しんだパイの一種コーニッシュパスティ。
薄切りジャガイモ、牛肉、玉ねぎを炒めパイに包んで焼いた伝統的なイギリスのミートパイ。
りんごとさつまいもとレーズン。
さつまいもと紅玉りんごをさっと煮詰めたフィリングを包んだフルーツパイ。
菓子製造:graf

茶事: graf 川西万里 ティーコーディネーター
graf (有限会社デコラティブモードナンバースリー)に所属。
カフェの運営、マーケット、ケータリング、ワークショップ、商品開発など食にまつわる様々な企画を、立案、実行する。香り高いおいしい烏龍茶との出会いから、茶の魅力にひかれ中国茶を学び始める。中国茶だけでなく様々なお茶について探究しながら、茶の商品開発や、お茶会、ケータリングなど行っている。

みんげいゼミ

「民藝運動と松本民芸家具」
講師:池田素民氏(株式会社 松本民芸家具 常務取締役)
日時:11月8日(日)14:00~15:30(13:30開場)
会場:大阪日本民芸館・会議室
定員:20名(要予約)
聴講料:300円(民芸館入館料が別途必要)

「濱田庄司作品への眼差し‐堀尾幹雄コレクション‐」
講師:小林仁氏(大阪市立東洋陶磁美術館 主任学芸員)
日時:11月29日(日)14:00~15:30(13:30開場)
会場:国立民族学博物館・第3セミナー室(大阪日本民芸館向かい)
定員:35名(要予約)
聴講料:300円(民芸館入館料が別途必要)

PAGE TOP