展示案内

特別展

春季特別展 『BLUE & WHITE 藍と白の美―そばちょこ・藍染めを中心に』

『BLUE & WHITE 藍と白の美―そばちょこ・藍染めを中心に』
2013年3月9日(土)~7月21日(日)

※水曜休館、3/20(水・祝)は開館、3/21(木)は休館
助成・独立行政法人 日本万国博覧会記念機構

「Blue&White」は、白地に呉須(藍色の顔料)で模様を描いた染付の磁器を指す言葉です。陶磁器に限らず、藍と白という色は日本の伝統的な染織品にも多く見られます。本展では、「藍と白」をテーマに、染付のそばちょこと藍染めの染織品を展示いたします。

当館では、古伊万里を中心に約3,000点のそばちょこを収蔵しています。これらは、大阪府藤井寺市在住の佐藤禎三氏(1933-)が個人で蒐集し、1979年に寄贈いただいたものです。今回はその中から約1,000点を展示するほか、絣・絞り染め・型染め・刺し子・筒描の着物や布団地・風呂敷などをご紹介いたします。

イベント情報はこちらから

竹雀文絣着物 江戸後期 七宝・分銅?ぎ文絞り着物 明治末~大正初期
こぎん刺し着物(部分)  江戸末~明治初期城文絣夜具地 明治期

併設展示

■ 第2展示室 濱田庄司・河井寬次郎作品 丹波のやきもの―生田和孝作品を中心に
■ 第3展示室 武内晴二郎作品
■ 第4展示室 染織品、蓑などの編組品

河井寬次郎 飴釉抜蝋花文壺武内晴二郎 黄釉流描鉢

PAGE TOP